--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月21日 (土) | Edit |
そう思って、大奥の公式サイトにアクセスしてみたのですが、まだ公開前だからでしょうか、思ったほど情報がない。
とは言っても、私、一応キャリアウーマンでございますから、映画もマンガも全然見ない人なんですよね。
もう大奥の映画の話題だけに専念して日々語っている人もいるし、ファン同士の情報交換の場になったりもしています。
いくらエンタメには疎いからとは言え、思い切り失礼足しましたぁって感じでございますよ。
やっぱりこの程度のサービスでは、大奥ストラップの価値にはかなわないかなぁ。
そこでひらめき、だったら姪っ子と一緒に映画を見に行って、美味しい物を食べたり、欲しいグッズを買って上げるっていうのはどうでしょうね。
だって、可愛い姪っ子が、大奥の根付けストラップが欲しいって言うんですもの、叔母さんとしては頑張らなくっちゃね。
Yahoo!や楽天のネットオークショのを見ても、あるかどうか判らないしね、うーん困った。
調べたところ、このおまけの付いていた大奥の前売りは、5月に発売されていて、即日完売になっていると言うじゃないですか。
そこで思考をちょっとチェンジ、このストラップよりももっと価値のありそうな大奥グッズを入手する事を考えてみよう、そう思った訳です。
まあ今でいうヒツジカフェみたいなものでしょうか、確かに日本史から見ると、完全にSFですね。
そう思って頑張っているんですけどね、最近ちょっぴり困った現象が起こり始めました。
なんと、いろいろなブログやサイトを読んでいるうちに、私自身が映画大奥を観たいかもって思うようになってしまったのであります。
まあ、それはさておき、問題はご注文のストラップをどうするかっていう事なんですよね。
えっ、あんな時代劇に興味があるんだぁ、やっぱ女子大生にもなると違うなぁってね。
2010年08月20日 (金) | Edit |
今や大奥は、全国民のたった4分の1となってしまった男性の中から、選び抜かれたイケメン青年が女将軍様にお仕えするために集う男の園。大奥と聞くと時代劇を思い浮かべられる方もいらっしゃるかも知れませんが、大奥は完全なSF作品です。
そんなマンガ大奥とその映画化に関する情報は、今ブログやサイトの中では大きな話題。
大奥もそうなんだけど、ヨシナガフミさんの作品は、男性の同性愛をテーマにしているものが主流なんです。
そんなヨシナガフミさんが描いている大奥は、現在5巻の単行本にもなっていて、まもなく実写版の映画にもなります。
ヨシナガフミさん自体美食家で、かなり料理の研究をされているのは確かみたいですから、ホント、いい参考になるんですよね。
タイトルにもある徳川第8代将軍吉宗役を、今乗りに乗っている女優の柴咲コウさんが演じます。
まだ男女逆転の大奥の世界を知らない方や信じられないという方は、そうしたブログやサイトを読んでみられてはいかがでしょうか。
でもね、「きのう何食べた」は、そのタイトルからも判る通り、料理がメインのマンガで、単行本においては、劇画風レシピブックとも言えます。
今回映画化されるのは第1巻きの「水野・吉宗編」で、主演は嵐の二宮和也君。
でも、この大奥は中々すごいマンガで、手塚治虫文化賞をはじめ、数々の賞を受賞しています。
まさしく話題作りのうまい漫画家と言えるでしょうし、そんなヨシナガフミさん原作の大奥の映画化は、ファンにとっては望むところといった感じでしょう。
特に今回取り上げられる事となった第1巻の吉宗編は、2006年の第5回センス・オブ・ジェンダー賞特別賞及び、第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しています。
現在も白泉社の雑誌「メロディーで連載中の少女マンガで、東京都出身のアラフォー漫画家、ヨシナガフミさんという方が描いています。
2010年08月19日 (木) | Edit |
言うまでもなく、チケット1枚に月2個のストラップがもらえる訳ではなく、1枚に月1個です。
前回中間幸恵さん主演の大奥が公開された時は、ここまでじゃなかったと思います。大奥の映画の公開は確か10月のはず、でも、大奥の前売りチケットはもうすでに完売しているんでしょう、すごいですよねぇ。
そんな映画大奥の前売りチケットが発売されたのは今年の5月1日の事でした。
ただ、本当に好きな人が出ている映画なら、みんないち早くチケットをゲットしたいと思うのでしょう。
徳川の家紋である葵の御紋をあしらった「葵の御紋版」と水野の流水紋の裃をモチーフにした「流水紋版」の2種類。
事実、大奥の前売り券は、その後間もなくして再販されたと聞きました。
でも、中には、そのストラップが欲しいから大奥の前売り券を買ったという人も少なくないのではないかとも思います。
ですから、2種類のストラップを複数集めるために、あえて何カ所もの劇場で大奥の前売りチケットを購入した人もいたらしいと聞きました。
つい先日も、大奥の限定根付けストラップ2個セットという商品が、あるオークションサイトで売り出されていました。
もしかしたら、もうストラップ月でチケットを売り出している人もいるかも知れませんね。
すると、本当に大奥に関心があって、ストラップも欲しいけど、映画だってちゃんとみたいよって思って並びに行った人が買えなく成っちゃう。
ブログやサイトに映画大奥の情報を掲載している人たちの文面を読んでいると、そんなファンの気持ちがよく伝わって来ます。
多分、そのうち大奥のチケットも売り出され始めるんですよ、きっとね。
初日に完売したチケットの数は2万枚、でも用意されたストラップの数は、それぞれ3万個ずつの合計6万個、この誤差はなんなんだろうという事です。
2010年08月18日 (水) | Edit |
そこで出演者たちに質問、もし性別が入れ替わったらどうしますかだって。
戦場やジャングルなど、一人で危険な場所に出向く女性もわんさかいます。な

今回の映画大奥は、原作のマンガに習って、男女が完全に逆転した形の設定になっています。
因みに、主演の二宮君は、赤ちゃんを産んでママになりたいんだそうですよ。大奥といえば、これまで何度もテレビの時代劇や映画、舞台などで取り上げられ、大奥イコール女の園というイメージがめちゃくちゃ強いですよね。
流石に彼ももう27歳のアラサー成人、この大奥の主演を務めた事で、一回りも二回りも大きくなったのではないでしょうか。

大奥といえば女の園という考え方はもう古い、今や大奥は男の園です、それも超イケメンのね。
今回の映画大奥で主演を務めるのは嵐の二宮君、女将軍様を演じるのは柴咲コウさんです。
そんな完成記者会見でとんだ質問、もし性別が入れ替わったら何をしたいですか。
あれだけいい男の心を自由自在に弄べれば、女としては本望、例え将軍様じゃなくても、将軍様になったのと同じ位の価値は十二分にあるだろうと思います。
せっかくこの大奥という映画で、絶対に有り得ない役柄を演じた訳だから、もっと絶対に有り得ないようなダイナミックな答えが出たら面白かったんじゃないかと思います。
そういう意味でも、今度の大奥は、柴咲コウさんの回答と同じで、意外と意外性が少ない世界なのかも知れません。
でも、今やこの男女逆転の大奥が笑えない位、世の女性たちは強くなりました。
大奥のあのちょんまげ姿を思い浮かべながら聞くと、思い切り違和感ありきだけど、回答そのものは納得。
何はともあれ、あれを見て、私のように映画大奥に関心を持った人は一気に増えたようですから、大成功の記者会見だったと言えるでしょうね。
ただ、柴咲コウさんの回答は、ちょっと当たり前ぽかったかもね。
2010年08月17日 (火) | Edit |
そういえば、4年ほど前にも一度、これが大奥シリーズの集大成だとか言って、映画が作られたっけかなぁ。
そしたら、全然違ってて、な・なんと、徳川吉宗を演じるのが柴咲コウさん。
その映画大奥の公式ホームページに、早速アクセスしてみました。
そこで、江戸城では、大奥を造り、子孫繁栄を担うイケメン男子たちを囲ったとか・・・。
この秋公開の映画大奥については、エンタメ大好きな人たちによるブログやサイトにも沢山掲載されているので、これからもっと読みたいと思っています。
実際には、この映画大奥の公式ホームページ、もう去年から開設されていたそうですね。
ロードショーまで後3ヶ月ほどとなり、映画大奥の公式ホームページも、一気に気合いが入って来たようです。
後、映画大奥をPRするビデオも観る事が出来て、益々関心が高まりましたね。
でも、このホームページ以外でも、いろいろな芸能ニュースでこの、映画大奥は取り上げられていました。
どうせなら、もうちょっと奮発してくれればいいのになぁっと思いました。
でもって、今度の映画の舞台は、暴れん坊将軍、吉宗さんの徳川第8代の頃。
そう言えば、テレビの時代劇だった頃から、大奥のテーマ音楽は、結構迫力ありましたよね。
ただ、映画のあらすじや見どころが繋げられた動画じゃなくて、静止画を繋ぎ合わせたスライド形式だったのがちょっと残念。
なにやら日本中の青年が赤面疱瘡という伝染病に襲われ、ついに男子は女子の4分の1となり、若い男性は、超貴重品という事になったそうです。
どうせなら、映画公開記念とか言って、そういう特別企画立ててくれないかなぁ。
2010年08月16日 (月) | Edit |
大奥の主題歌が発表になり、この映画大奥で主演を務める二宮和也の所属する人気グループ、嵐が歌う事になりました。
まあ性格に言うと、嵐の新曲「Dear Snow」が映画大奥の主題歌に抜擢されたっていうべきなんでしょうけどね。
だから、どうせ大奥も観に連れて行かれるなら楽しまなきゃ損じゃないですか。
怪物くんの次は大奥か、なんて言っていた友達もいますが、確かに、最近嵐のシングルは、ガンガン主題歌として採用されていますよね。
それだけ活躍しているという事で、これまでにも大奥の主題歌は、かなりのビッグアーティストが歌って来ました。
そう、ほら、今公開されている映画大奥の公式サイト内での動画、あのバックミュージックみたいな感じでしたよね。
初日、舞台挨拶が行なわれる映画館へ行くための前売りもしっかり買っているでしょう。
もしかして、今ネットで流されている音楽も、映画の中で使われているのかなぁ、まあ、申し訳ないけど、私にはどっちでもいい事ですが・・・。
だけど、友達は代の二宮君ファンだから、もう今から大奥の映画が公開されるのを楽しみにしています。
でもって、結局親友の私は、大奥の映画を一緒に見に連れて行かれる訳ですよ。

大奥の主題歌を歌うのは嵐、大奥で主演を務めるのは二宮和也君。
でも、まあ、結局はいつも、観たくても観たくなくても付き合っちゃうんですけどね。
そう言えば、この間までテレビでやっていた大野智君主演のドラマ「怪物くん」、あれも近いうちに映画になるそうですね。
個人的には柴咲コウさんに歌って欲しかったような気もするけど、皆さんはどう思われますか。
2010年08月15日 (日) | Edit |
私も昨日、久しぶりに子供を連れて映画を見に行きました、ジブリの最新作ね。

大奥は話題の映画だけに、大奥のチラシの話題は、ブログやサイトの中にわんさか載っています。
そしたらロビーに大奥の最新のチラシが出てて、何故か思わずもらってしまったのであります。
なるほど、大奥という映画が話題を呼ぶ訳だぁっと思いました。
映画館のロビーには、2010年10月1日、全国一斉ロードショーと書かれた大奥のポスターも貼ってありました。
やっぱ小さなチラシの写真とは違って、大きなポスターの二宮君や柴咲コウさんは、迫力ありますね。
そこで妙に見てみたくなったのが、これまでに出されていた大奥のチラシ。
ファンの人たちのブログを読んでいると、段々グレードアップしているっていう事が書いてあったから、何だか気になるじゃないですか。
これが一番最初に配られた大奥のチラシかぁ、うん、確かに、キャストの紹介だけで、ちょっとつまらない気味かもね。
そこで、映画大奥の歴代チラシ巡りというのをやってみる事にしました。
でもまずい、これ以上大奥の登場するブログやサイトを読んだら、まじ見に行きたく成っちゃうかも知れませんよ。
それから、撮影が始まってから配布されたというチラシが登場、これがあの噂の映画大奥かぁって思えるようなチラシですね。
ちょうどアリスの実写版映画が公開された頃に配られていたチラシだそうです。
もし、その話が本当だとしたら、これまでの大奥のチラシは、これよりもつまらないっていう事になりますからね。
だけど面白い、たかがチラシ、されどチラシっていう感じで、チラシにこんなに興味を持ったのは、この大奥という映画が初めてですよ。
2010年08月14日 (土) | Edit |
大奥といえば、”大奥では・・・”というハスキーボイスの女優、岸田今日子さんのナレーションを思い出してしまう私、これって、年が解っちゃうんですよねぇ、きっと。
つまり、女優の柴咲コウさんが演じるのがおんな将軍で、以下、数々のイケメン男優たちが演じるのが大奥の奉公人たちという訳。
確かに、あの映画は、衣装だけでも何十億円という制作費を投じていて、キャスティングも見事なものでした。
女祭りというサブタイトルが付けられたこの作品は、映画版の3年前を描いた見切りのスペシャル番組でしたが、その翌年2007年からは、舞台で上演されています。
けれど、そんなテレビの大奥は、2007年のお正月映画をもって、完全終了という噂が流れましたよね。
にも関わらず、その映画が公開されてから僅か1週間後位に、今度はフカキョンこと深田恭子さんの主演で「大奥スペシャル・もう一つの物語」がテレビに登場。
それだけ歴史の深いテレビドラマシリーズ大奥、1968年の初法曹以来約40年に渡って、5回のシリーズが放送されたそうです。
その映画で主演を務めるのは嵐の二宮和也君って、もしかしたら、今度は将軍様が主役なのっとビックリしてしまいました。
他にも2003年版の大奥に出ていた俳優が多数顔を出しています。
やっぱり気になるのはキャストなんだけど、読めば読むほど原が立つ。
だって、これまでの大奥と言えば、そこに入っている女性たちがメインで、ヒロインは大抵総取締役じゃないですか、将軍さんは脇役でしょう。
中には、超二枚目の玉木宏さんなんかもいて、な・なんと、同性愛に目覚めちゃうんですって。
そして、その集大成として、2006年に映画が製作され、これで打ち止めだなんて言われてました。

大奥といえば、トップ女優たちが豪華な衣装を身に纏い、次から次へと登場するテレビの時代劇「大奥」を思い出してしまいます。
2010年08月13日 (金) | Edit |
この映画大奥の試写会に行きたいんだけど、詳しい情報はどこで調べたらいいんだろう。大奥、あっ、今年の秋に公開される映画、「男女逆転の大奥」の事ね。
私、玉木宏さんのあの声が好きで、のだめカンタービレの試写会も行ったから、今度の大奥の試写会も是非って思ってるんですよね。
でも、まだ時期的に早いのかも知れないけど、今回は余り見掛けないような気がします。
まあ、そんな事はどうでもいいや、実はあの時も試写会に行ったんです。
ただ、嵐は全員好きだし、共演の柴咲コウさんも好感度あるし、何より玉木宏さんが出てるじゃないですか。
で、私、その大奥のネット試写に見事に当選して、自宅にいながらにして公開前の映画を丸ごと観てしまったんですよ。
きっと、その競争率はものすごいものだろうから、応募出来るだけ応募したいんですよね。

大奥は4年ほど前にも映画が公開されていて、その時はテレビシリーズの大奥の集大成という形でした。
ほら、試写会の場合だと、キャストやスタッフが舞台挨拶する事が多いじゃないですか。
ただ、友達が同じ大奥の会場での試写会に通って見に行ったんだけど、やっぱ本物はすごくいいって言うんですよね。
自分的には、二宮君のちょんまげ姿も気になるけど、やっぱり玉木宏さんのラブシーンが一番注目。
ただ、まだまだ情報が乏しいのが現状、何とか少しでも詳細が知りたくて、関連ありそうなブログやサイトを細かくチェックしています。
というか、当時は、大奥のインターネット試写会っていうのがあってね。
という事で、逆転の大奥の試写会に関する情報、お持ちの方がいらっしゃいましたら、是非ご一報をお願いいたします。
2010年08月12日 (木) | Edit |
ある歴史書によると、毎年信念を祝う行事の一つとして、女性たちが広敷に詰める年男を胴上げする風習があった事が記されていますからね。
そこで、テレビで描かれるのは、大抵この本丸大奥なのですが、実際には、二の丸や西丸にも類似の施設が設置されていた事があるそうですよ。
当然ここは、将軍さんの住居エリアですから、江戸城のメイン舞台です。
実際、明治時代に、嘗て大奥で働いていた複数の女性たちに内部事情を尋ねたところ、個々にその回答は違っていたそうです。
江戸城は、本丸御殿と天守閣のある本丸と、二の丸、三の丸、西丸から成っていました。
そして、本丸御殿は、表向と中奥、それに大奥の3つの棟から構成されていたのであります。
大の歴史嫌いの私は、つい最近まで全く知らなくて、ほんと、ビックリです。
本丸大奥の内部は、将軍様とその側近の女性たちの寝床のある御殿と、女中たちの住居のある長局、そして広敷に三分割されていて、ここでのメイン舞台は御殿と長局です。
けれど、実は大奥は男の園だった、なんて言ったら、皆さん、驚かれますか。

大奥は決して女だらけのエリアではなく、大奥には男性たちが大勢いた。
大奥の徹底的な男子禁制&女の園という見方は、いささか異なっているのかも知れませんよ。
こうした予備知識を持って映画大奥を観ると、また違った楽しみ方が出来るかも知れませんね。
10月1日ロードショーの映画大奥、久しぶりに映画館へ脚を運ばせてくれそうですね。
皆さんはどう思っていらっしゃるか判りませんが、まさしく、映画が最大の娯楽であった時代の面白さを味わえる作品ではないだろうかと、私は密かに期待しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。