--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月23日 (月) | Edit |
何かをひたむきに続けるということは、その後の人生に大きく生かされていくことは多くあり、木村沙織選手も例外ではないようです。
というのも、バレーボールの会場では、木村沙織を始め、有名選手のプロフィールなどが載ったものが売っています。
それが、今でも生かされていると、木村沙織選手本人が語っています。
木村沙織選手といえば、日本の女子バレーボール界を引っ張る選手のうちの一人です。
木村沙織選手は、一時期は、サオリンなどのニックネームで親しまれました。
あるいは、シーズンでないというだけで、その木村沙織という名前も忘れているだけかもしれません。
そのため、木村沙織選手はレシーブの練習をたくさんこなしたのだとか。
木村沙織選手だけでなく、両親がしていたことに影響を受けて何かを始めるというスポーツ選手は多くいます。木村沙織のプロフィールに関しては、バレーボールの試合会場で見れたりします。
当時の木村沙織選手は、チームでは主にレフトを務めていました。

木村沙織のプロフィールなどは、インターネットなどで見ることもできます。
やはり、バレーボールから離れられないそのひた向きな姿勢が、今日の木村沙織選手を作り出しているのかもしれませんね。
木村沙織選手のチームが、東京新聞杯で優勝したのは、小学六年生のときのことです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。