--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年09月01日 (水) | Edit |
女子バレーボールのシーズンになると、木村沙織選手の試合などが毎日のように取り上げられたりします。
女子バレーボール界の中でも、木村沙織選手のような有名な選手はたくさんいます。
中でも木村沙織選手は、当時は女子高生としてワールドカップの試合に出ていました。
もちろん活躍が認められ、木村沙織選手は同年のワールドカップにも出場しています。
そうした純粋な木村沙織選手の発言が、語録として残っています。
その後、木村沙織選手は2006年世界選手権に出場しました。
この試合での木村沙織選手のアタック決定率はチームトップでした。
木村沙織選手の、自身初のリーグとなったVリーグでは、開幕戦レフトでスタメン出場を果たしています。
サービスエースも決め、木村沙織選手は初めての白星に大きく貢献しています。

木村沙織選手の語録は、とても純粋なものばかりのように思います。
他にも、 木村沙織選手の服装がシックだとインタビュアーに言われ、シックとは何か聞き返す一面もあったようです。
当時、木村沙織選手は、サーブ効果率リーグ九位という成績で新人賞を受賞しています。
実際に、木村沙織選手は話題先行型ではなく、実力の伴った選手です。
取り上げられるだけ木村沙織選手に魅力があるということかもしれません。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。