--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月03日 (金) | Edit |
実際、大島優子などのメンバーたちは続々と大手事務所への移籍を成功させているようです。
それだけ大島優子のようなタレント性を持った人が、集まっているグループともいえるのかもしれません。

総選挙で大島優子がトップになりましたが、そのときのインタビューなども、インターネットなどで見られるみたいです。
これはある種の戦略ともいえますので、大島優子の売り出し方も、決して何が悪いということでもありません。
SKE48のほうが大島優子のいるAKB48より公演のクオリティが高いという話もあるようですが、ファンであれば見守るべきでしょう。
弁護士も立会わせ、運営スタッフもガチでやると息巻き、大島優子が一位通過となった総選挙からしばらく経ちます。
ソロの仕事が増えてくるのはありがたいことですが、やっぱりグループとしての大島優子を見たいという人も多いみたいですし。

総選挙で大島優子が一位になってからも、他メンバーがだれるということはありません。大島優子が総選挙で一位に輝いたのは記憶に新しいです。
大島優子らの一部ファンはこれらの展開に疑問を感じているようですが、運営自体は行われているので見守りたいところです。
最近では、大手事務所が主導となり大島優子を含むAKB48を動かそうとしていたりもするそうです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。