--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月18日 (金) | Edit |
板野友美と言えば、今や知らない人はいないだろうとされるアイドルグループAKB48のメンバーです。
AKB48全体で活動している時に、板野友美に注目してみようと思った際に一つのポイントとなります。
最近ではメンバー一人一人の注目度も上がってきましたが、やはり50人近くいるメンバーのなかで関心を板野友美一人だけに絞るのは容易ではありませんからね。
それが、だいたい高校生になった辺りから少しずつ板野友美の雰囲気が変わってきています。

板野友美はアイドルとしては珍しく、男性のみならず女性のファンも多く抱えている事で有名です。
因みにAKB48は更に3つのグループに分けることが出来、板野友美はチームKに所属しています。
しかし、AKB48の活動歴を見てみると昔から今の路線だった訳ではないようです。
そもそも板野友美はAKB48の最古参メンバーの一人で、今ほど注目されていない頃から活動していました。
ソロデビューの順調ぶりからAKB48卒業という噂が囁かれるものの、今後板野友美がどんな道を歩いて行くかはまだ分かりません。
いわゆるアイドルアイドルした容姿とは異なり、板野友美がギャル路線にいる事は影響として小さくないでしょう。
ブログやサイトを利用すれば、板野友美についての情報を簡単に収集することが出来ます。
板野友美の魅力が、ひょんなところから見えてくるかもしれません。
2011年02月17日 (木) | Edit |
板野友美が先日、AKB48のメンバーとして初のケースとなるCDのソロデビューを果たしましたね。
ただ、板野友美本人がすっぴんと称し公開したものを懐疑的に見るのは意味が無いように思います。
デビューシングルでこれだけ大きく注目されると今後が大変かもしれませんが、板野友美ならば恐らくは安定した結果を残してくれるでしょう。
男性ファンが中心と思われがちななか、板野友美はファッションセンスや特徴的な容姿から女性ファンも多く抱えているようです。

板野友美は、どちらかと言えば派手な容姿をしていますね。
グッドタイミングという訳ではありませんが、実は板野友美のすっぴんを確認する方法があります。
売れ行きはかなり好調のようで、第一週の売上が15万枚を超えるという記録を板野友美は生み出しています。
真実の証明は現実的ではなく、少なくともそこでは板野友美の言葉が全てですからね。
アンチとファンとの確執はともかく、板野友美についてブログやサイトを利用して詳しくチェックしてみませんか。
今勢いのあるアイドルグループのメンバーが、更に言えばソロ活動が本格化してくるなかでの話だけに元から板野友美に注目している数は多かったですからね。
となると気になるのは素の容姿、つまりすっぴんではないでしょうか。
2011年02月16日 (水) | Edit |
板野友美とは、今日本で最も注目されているとも言われているアイドルグループAKB48のメンバーです。
最近では板野友美ソロでの活動が活発になっており、AKB48という事を特別意識しなくても耳にする機会が増えました。
ブログやサイトを利用すると、板野友美に関する詳しい情報を簡単に収集することが出来ます。
女性ソロアーティストとしては4年ぶりの記録であり、板野友美に大きな注目が集まっていることを証明しています。

板野友美が注目されているのはソロ活動だけでなく、その容姿にも注目が集まっています。
と言っても、板野友美の注目度自体が高いことを否定は出来ません。
同世代の女性からメイクが注目されるのも、頷けるように思います。
特にCDデビューはAKB48内では初との事で、板野友美に対する注目度も上乗せされているように思います。
これらを中心とした板野友美のメイクが雑誌で取り上げられた事もあり、真似をしてみた方も多いのではないでしょうか。
既に何本か、役者としての経験を積んでいますからね。
何か新しい活動をした際にすぐチェックできるよう、日頃の情報収集はマメに行っておきたいです。
板野友美のメイクと言えば、目元と口元が印象的でしょう。
2011年02月15日 (火) | Edit |
板野友美の名前は、今ではかなり多くの方が知っているかと思われます。

板野友美の活動の場は、今後更に広がっていく事が予想されます。
かつてアイドルは二面性を持っているなんて通説がありましたが、板野友美ほどに注目されてくると話のネタは性格にまで及ぶようです。
AKB48の初期からというと年齢が気になるかもしれませんが、板野友美が加入したのは14歳だったので実はまだ成人していません。
ただ、そんな中で時折見かける論議に板野友美の性格を取り上げたものがあります。
ファンが多くなればその分、反目する存在のアンチが増えることに繋がります。
少し丁寧に言えば、AKB48として初期からグループの中心メンバーとして活動してきたため板野友美を知る方は多いでしょう。
AKBとしての活動はもちろん、板野友美としての活動から目が離せません。
実際に、板野友美の性格について論じてみても深いところまでは追求されない場合がほとんどのようです。
元々AKB48内でも知名度自体は高かったのですが、ここ最近になって急激に注目されるようになったのは個人活動が大きく関与しているでしょう。
板野友美は、今はCDリリースが話題になっていますが今後全く違う分野での活動が見られるかもしれません。
ブログやサイトを利用して、板野友美に関する最新情報をチェックしてみませんか。
2011年02月14日 (月) | Edit |
これは板野友美以外で知名度の高いメンバーにも言えることで、やはりソロ活動の数と知名度の高さには少なからず影響があると言えるでしょう。
ひょっとすると板野友美に続いてCDを出した他のメンバーと、発売日を同じくして直接対決なんて事があるかもしれませんよ。
最近では個人での活動も増えてきており、テレビコマーシャルで板野友美の名を広めた事は記憶に新しいです。
AKB全体を見てみても人気は高く、すっかり恒例のイベントとなっている人気投票でも板野友美は上位をキープしています。
一方で、AKB48として活躍する板野友美を目にする機会が減少してしまうかもしれませんね。
板野友美本人の活動としては、まだ本格始動して間もないですがファーストシングルの出だしは好調と言えるでしょう。
もちろん、注目されているのは売上だけでなく板野友美が作り出す音楽の世界も同じでしょう。
既に、固定ファンの数はかなり多いですからね。
ソロ活動が増えてくると、今までよりも板野友美個人に注目できる数が多くなるメリットがあります。
板野友美の前にも個人でCDを出す事はありましたが、本格的なソロ活動は初のケースとの事で売上には大きな注目が集まっています。
ブログやサイトを利用すれば、板野友美に関する詳しい情報を簡単にチェックする事が出来るでしょう。
2011年02月13日 (日) | Edit |
因みに、板野友美は今日本で最も勢いがあるとも言われるアイドルグループAKB48のメンバーです。
その後も板野友美は活躍を続け、芸能人として一つの称号となっているベストジーニスト賞を受賞したのも記憶に新しいです。
ファンの方はもちろん、ファンではないという方も今後板野友美がどういった活動をしていくかチェックしてみませんか。
板野友美の公式ブログをチェックしていけば、最新情報は簡単に収集することができるでしょう。

板野友美はAKB48のメンバーだから注目されたという声もありますが、それだけで全てを語ることは出来ないでしょう。
板野友美はAKB48内の人気投票でも上位をキープしているので、CDだけでなくドラマなどへの露出も期待されますね。
公式ブログ以外にも様々なサイトを活用することで、最新情報だけでなく過去の活動などを同様にチェックすることが出来ます。
AKB48の初期メンバーという事で、アイドルとして芸能活動期間は長いもののまだ19歳という事で今後の活動にも自然と注目が集まります。
初動から売上を伸ばし続け、板野友美のデビューは女性ソロアーティストとして記録になるほどのものでした。
もちろん、ソロデビューの幸先が良かっただけに第二弾第三弾と続くであろう板野友美の楽曲にも期待が集まります。
大きく注目されるようになったのは2010年頃かと思われますが、板野友美個人としてイトーヨーカドーのテレビコマーシャルに抜擢された事が大きかったです。
2011年02月12日 (土) | Edit |
ファンの方にとっては、今更といったところかもしれません。
では、改めて板野友美という人物をチェックしてみましょう。

板野友美はAKB48のメンバーです。
他にも様々なサイトを利用して、板野友美をチェックしてみたいです。
知名度が上がりファンが増える一方で板野友美を嫌う、いわゆるアンチと呼ばれる存在が増えてきているのも否めません。
AKBに在籍しながらソロでCDデビューするだけの事はあり、お馴染みとなっている人気投票で板野友美は安定した人気を誇っています。
そのCDも、初動から人気が殺到しています。
第一週目から15万枚を超える売上は、女性ソロアーティストでは約4年ぶりの事で板野友美人気の高さを物語っています。
それ以前の話としては、イトーヨーカドーのテレビコマーシャルで板野友美を知ったという方も多そうです。
AKB初期の頃からメンバーとして活動しており、その事が着実に板野友美の知名度を上げファンを獲得してきたのかもしれません。
活躍の幅を広げているとは言え、やはり板野友美のベースはAKB48にありますからね。
2010年が板野友美にとって大きく名を売る転換期だとすれば、2011年は飛躍する一年となるのでしょうか。
板野友美は今、その名を知らない人はいないであろうとも言われているアイドルグループAKB48のメンバーです。
2011年02月11日 (金) | Edit |
まあある程度ディナーの味自体には保障はあるだろうけど、クォン・サンウがその1万円位の料理をどうやって5万円の料理に味付けするかですよね。
冬という季節柄を考えても、ホワイトやラブというワードは、必要以上にクォン・サンウファンのハートをくすぶりそうです。
因みに、大阪と東京の2ヶ所で、各2日間ずつ、合計4回の公演だそうですが、一体全体、どの位稼ぐんだろう。
かと言って、中身はコンサートでもなければお芝居やミュージカルでもない、まあしいて言えば、テレビのバラエティー番組の公開版とでも言ったところでしょうか。
例えば、以前に幕張メッセで開かれたファンミーティングは、S席15,000円だったのにも関わらず、僅か1時間足らずでチケットはソールドアウト。
おまけに、当日はそこでしか買えないというクォン・サンウのレアグッズも飛ぶように売れ、噂によると、2億円ばかり稼いでさっさと帰国したようです。
因みに、大阪公演は2月24日と25日で、場所はホテルニューオータニ、東京公演はさっきも話した通り、グランド赤坂プリンスホテルで、日にちは2月27日と28日だそうです。

クォン・サンウはどちらかと言うと、大人の女性に好かれるタイプですから、イベントの中身も価格もそれなりに設定されているのかも知れません。
それこそ、私なんかは、この値段を見た瞬間、頭の中がホワイトラブになりましたね、真っ白なハートマークが飛び交ってました。
去年か一昨年の夏に一度あったような気がしていたんだけど、あれはどうやら時間的にも規模的にも中途半端で、単なるお食事会という感じのイベントだったようですね。
とにかくクォン・サンウの公演は、決してリーズナブルとは言えないのに、何故かその高価なチケットが即日完売してしまう不思議な人物でもあります。
まあね、それでも、抽選で当った女性は直接手持ちの携帯にラブコールをもらえたり、ツーショットで写真に収まったりと、一応あれこれ企画は組まれていたみたい。
2011年02月10日 (木) | Edit |
結局みんな憧れのクォン・サンウ様が幸せになるのは悲しい事ではないんですよね。
でも、散々文句やクォン・サンウの悪口を言っておきながらも、やっぱり気になったのでしょう。
結婚式当日、会場となった南山の裾野の新羅ホテルの前に押し寄せた野次馬。
まあね、当時はファンの衝撃も大きかっただろうし、ねたみも手伝って、クォン・サンウに対する攻撃的発言が後を絶ちませんでした。
当時、そう言っていた男友達もいましたが、やはり女の私には、キムタクの結婚報道は重要視せざるを得なかったし、クォン・サンウについても同じですよね。
中には、クォン・サンウではなく、他の披露宴の出席者がお目当ての人も結構紛れ込んでいたのでしょう。
個人的にはヨン様の方が好みなので、彼の結婚報道は全く戸言っていいほど、特別な出来事ではなかったのです。
でも、結婚してからクォン・サンウのファンの数が激減したのは事実、現地のファンクラブの会員数はピーク時の半分近くまで減少したと言います。
結婚式で神父や親が泣く事はしばしばですが、新郎が涙を見せるのは、そうある事ではありません。
その時、これまで表に出して来なかったクォン・サンウの意外と弱虫の部分を垣間見たような気がしたのです。
あの涙が演技ではなかったとすれば、男の真の優しさであって、とても素敵な弱さだと思いましたね。
とにかく、言っている事とやっている事がまるきり違うじゃないって感じ。
きっと、嘗てキムタクファンガ突然の出来ちゃった結婚にショックを受けたように、多くのクォン・サンウファンも大きな衝撃を受けたのでしょう。
クォン・サンウファンの様子を伝えるブログやサイトのこの2年間の流れをみていても確信出来る事ですが、私はそんな日本の韓流ファンはほんと素晴らしいと思いますね。
2011年02月09日 (水) | Edit |
韓流ファン女性たちでパニック状態になる事は容易に想像がつきます。
きっとサンウ様ファンの女性陣にとっては、たまらなく暑い冬になる事でしょう。
そこで、この映画の主演を務める事になったのが、やはりこれまた日本で大人気の韓流男性アイドルグループ、BIGBANGのT.O.P君。
つまり、クォン・サンウとT.O.Pの二大韓国スターがスクリーンに映し出されるのです。
でも、やっぱ出来る事ならクォン・サンウとT.O.P君の来日舞台挨拶はあって欲しいと願わずにはいられません。
なので、互いのファンガ熱くなる気持ちだけは理解して上げて欲しいと思いますね。
まあ日本でもこの手の映画やドラマに最近よく若手の人気俳優やアイドルを使います。
そういう意味では、それを避けるために、あえて企画されない可能性もありそうですね。
ちょうどその頃にクォン・サンウの来日と、国内初の本格的ディナーショー「ホワイトラブ」の公演予定もありますからね。
事実、戦争映画はどうも苦手なんだけど、クォン・サンウが出てるから、あるいはT.O.P君が出てるから見に行くつもりだという女性陣も多い洋です。
何しろ、この映画は、その昔、学徒兵として戦場に行く事となり、夢と希望を戦火に燃やした15歳の青年の手紙が原作となっています。
彼女や奥様の付き合いで無理遣り連れて行かれそうな男性陣は要注意、まさしく戦火の中への突入ですよ。
それに、この2人が揃って来日すれば、経済効果がグ~ンとアップするのも間違いない訳で、寒い冬の時期に久しぶりにホットな話題を振りまきそうですもんね。
でも、映画「戦火の中へ」の本来の主人公はクォン・サンウではありません。
なので、クォン・サンウやT.O.P君ファンデない方も、一応チェックされておいてはいかがでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。