--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月21日 (月) | Edit |
まさしく、チャン・グンソクそのものがイケメンですねという事で、ドラマ共々大ヒットしました。
日本で言えば、月9枠に搭乗しそうなドラマだなぁって思いました。
これからは、チャン・グンソクのような若い韓流スターが、どんどん若い大和撫子たちのハートを射止めていくんでしょうね。
今をときめく若手韓流スター、チャン・グンソクが地方活性化に一役買う可能性は高いだろうし、内心、橋本徹知事としては、ちょっぴり羨ましいかもね。

チャン・グンソクファンの私としても、正直茨城県民の皆々様方が、とっても羨ましく思えます。
今や、何を隠そう、私も「イケメンですね」ですっかりチャン・グンソクにはまってしまった大和撫子の一人なのであります。
ついこの間、その一行が初めて茨城を公式訪問したという訳です。
もし、もしですよ、あのチャン・グンソクの映画のロケ地が橋本徹知事率いる大阪だったら、しょっちゅう見に行けたのになぁ。
でも、だから良かったのかも知れません、いきなり目の中に飛び込んで来たチャン・グンソクのイケメンぶりに、もう完全に一目惚れですよ。
でも、主役の「A.N.JELL」というバンド自体がイケメンバンドっていう設定でしょう。
あのドラマ「イケメンですね」だって、たまたま仕事が夏休みで、暇だったからテレビを付けたらやってたっていうだけの事。
韓流関連のエンタメブログやサイトで、チャン・グンソクの事をあれこれ調べるようにもなってしまったのであります。

チャン・グンソクは小学生の頃から、子供服のモデルをやっていたらしく、中学生位で、早々俳優デビューしているんですね。
正直、韓流マニアじゃない私は、あのドラマ「イケメンですね」を見るまで、チャン・グンソクという人自体、全く知りませんでした。
という事で、初めて京都で一人暮らしをし始めた今、一番の楽しみは、時々夜一人で「イケメンですね」のDVDを見る事位でしょうか。チャン・グンソクの人気を不動の物にしたのは、やっぱり去年の夏に放送されたドラマ「イケメンですね」でしょうね。
2011年03月20日 (日) | Edit |
今のチャン・グンソクは、クォン・サウンに決して負けない人気と実力を誇る韓流スター。
ちょっと待てよ、お母さん、確かもうすでにクォン・サウンのファンクラブに入っているはずだし、ヨン様の登録IDカードも持って要るはず。
それでなくても、インターネットで新しい韓国料理のお店を探しては、友達と食べ歩いているし、暇さえあれば、韓国のテレビ番組を見ています。
一応チャン・グンソクオフィシャルファンクラブって書いてあったから、それなりの費用は掛かるはずですよね。
日本で言えば、完全に月9状態の若い人向きの所謂トレンディードラマですよね。チャン・グンソクのファンクラブ会報が、我が家のポストに紛れ込んでいました。
そんなドラマを見てチャン・グンソクのファンクラブに入るなんて、うちのお姑さんは、やっぱただ者ではないわ。
という事で、気になるチャン・グンソクのファンクラブの会費はと調べてみると、へぇえ、クォン・サウンのファンクラブよりは若干安いんだぁ。
そういうものは一切考えないペ・ヨンジュン、私はやっぱ一番好感度高いかもね。
まあとにかく、そんなチャン・グンソクのファンクラブに、うちのお姑さんがちゃっかり紛れ込んでいる事はすごい事です。
恐らく、ファンクラブの会費は、同等クラスか、もしかしたらそれ以上かも知れませんよね。
そのチャン・グンソクのファンクラブ会報の宛名は、なんと、うちのお母様、そうあの鬼姑です。
もともと、韓流スターの情報をエンタメ関連のブログやサイトで調べる事を進め、パソコンの使い方を教えたのは私な訳だから、まあ仕方ないですね。
このチャン・グンソクのファンクラブの話は、しばらく知らん顔している事にしましょうか。
2011年03月19日 (土) | Edit |
その競争率は、あの冬ソナブームを上回ると言う人もいるのですが・・・。
昔はそれこそチャン・グンソク位のレベルがなければ、芸能界には入れなかったものですが、今はとにかく個性が重視される時代。
その火付け役となったヨン様にはじまり、今何かとお騒がせ中のKARAや少女時代まで、みんな本当にハイレベルな芸能人ですよね。
確かに、テレビやインターネットで見ている限り、ルックス的には超高品質、まさしくイケメンですねですよね。
勿論それは、日本人の活動の場や選択肢を広げるという面では、とてもいい事だろうと思います。
確かに、チャン・グンソクのような美貌は持って生まれた個人財産。
中には、どうせ入手できないんだからと言って、無駄な努力をしなかったチャン・グンソクファンも少なからずいるでしょう。チャン・グンソクのイベントのチケットって、そんなに競争率高いんですか、私は全然分からないんだけど・・・。
となると、実際に行きたいとは思ったけど、いけなかったという人の数は、さらに増えます。
ただ、チャングンソクと同等レベルの歌唱力やダンス力を望むのは、ある意味当たり前の事ではないでしょうか。
チャン・グンソクのイベントのチケットはとにかく入手困難だという噂が、私の周囲では広がっています。
つまり、チャン・グンソクのようにしっかり整っていなくても、それはそれで十分受け入れられるのです。
それでも、とにかく何とかして、とにかく一目会いたいのがファンの心理というもの。
チャン・グンソク君に限らず、演技力抜群だし、トップレベルの歌やダンスを披露してくれる人が殆どです。
2011年03月18日 (金) | Edit |
チャン・グンソクのCD、そんなの買わない買わない、レンタルで十分よ。
だって、別に私、チャン・グンソクのファンデもなんでもない訳だし・・・。
これまで大好きな嵐や関ジャニ∞のCDだって買った事のない私が、なんでチャン・グンソクのCDを買わなきゃいけないのよって感じ。
そういう意味では、このデビューCDは、私のチャン・グンソクデビューCDにもなりそうですね。
こんなはっきりした主義の私が、一体全体どうしてチャン・グンソクのCDを予約したりなんかしちゃったのか、ほんと心理学者の先生に尋ねたいものです。
何しろ、あの美貌にあの美声、そして抜群の歌唱力でしょう、歌手としても売れない訳がないですよね。
そんなチャン・グンソクのデビューシングル「Let me cry」、そりゃあ、私だって一応かなり気にはなりますよ。
一度はじっくり聴いてみたいと思っていたし、日本での発売が決まったとき、これは絶対借りたいCDだと思いました。
その店員さんのルックスは、はっきり言ってめっちゃ良かった、チャン・グンソクといい勝負だったのであります。
今や日韓だけでなく、アジア全体でブレイクしている時の韓流スターですから、きっとそれなりの魅力を沢山持って要る事でしょう。
何故かチャン・グンソクのデビューシングル「Let me cry」の予約を入れてしまったのであります。
だったら、これを機に、とことんチャン・グンソクのイケメンにはまってみるのも悪くはないかも知れませんね。
その辺りも知りたいと思って、チャン・グンソクの出て来るブログやサイトにも、少しずつ目を向け始めている今日この頃です。
2011年03月17日 (木) | Edit |
そこで、私もチャン・グンソクの動画集を作って、お見舞い代わりに届ける事にしたのであります。
これ、私の携帯に残っている親友とのメールのやり取りの記録です。
自転車で走行中に後ろから来た車に撥ねられてね、右足を骨折しちゃったの。
勿論、ちゃんと治療して、リハビリを頑張れば、また今まで通りに歩けるようにはなるんだけど、当分チャングンソクの追っかけは出来そうにありません。
これがあれば、彼女の辛くて淋しい入院生活も、きっと随分楽しくなる事でしょう。
私にはめっちゃよく解るし、なんとか元気付けられたらと考えています。
そんな中、私たちはたまたまチャン・グンソクが素敵に見えて、いいなぁって思っている訳で、こういうのってあくまでも個人的主管にすぎないんですよね。
彼女の家はスカパーが入る環境にあって、普通のテレビしかないうちでは映らない韓国のドラマやバラエティーも一杯見られるんだよね。
何しろ、同じチャン・グンソク君を愛する仲間だもんね、やっぱこういう時にはなにかしなくっちゃ。
という事で、バカにする人もいるにはいるんだけど、大けがをして、チャン・グンソクの追っかけが出来なく鳴った事に超真面目に落ち込んでいる友達の気持ち。
チャン・グンソクのオリジナルDVDなんて下らない、そんなの別に見たくないもんね。
そんなチャン・グンソク大・大・大好きの親友が、この間事故に遭って、突然入院してしまいました。
だから、よくチャン・グンソクが出ている番組を録画しては、こんなメールを送ってくれていたんです。
ただ、今は韓流スターに声援を送る人の年齢層が広がっている事だけは確かです。
特に、23歳のチャン・グンソクのファンは、私と同世代の若い女性もめっちゃ多いんですよ。
2011年03月16日 (水) | Edit |
久しぶりに見た本物のイケメンって感じで、ついついチャン・グンソクファンになってしまいそうな感じです。
ましてや、直接会話が出来るチャンスなんて、そう巡って来るものではありませんからね。
正直、ちょっぴり昔の日本の純情アイドルブーム時代を思い出させてくれるような気もしないでもありません。
だからでしょうか、見れば見るほどいい男、ユーチューブなどの画像のダウンロード回数がものすごい数なのは納得です。
異国の文化に直接触れられる海外留学は、きっと彼女にとっては、もっと沢山の夢と希望を与えてくれる事でしょう。
映画「赤ちゃんと僕」の撮影インタビューだっけか、あの画像なんかには、何故か赤ちゃんよりも可愛いチャン・グンソクなんてコメントもあるようです。
多分、両親もそれがあったから留学を認めたのであって、チャン・グンソクなんて、本当はどうでもいいんですよね。
これまでのヨン様とかクォン様とはまた一味違う魅力があると言いますか、なんと言いますか。
この間の茨城空港でのチャン・グンソクの日本語は、実に流ちょうで、見事なものでした。
考えてみれば、これ以上の彼の画像鑑賞法はないんじゃないかって感じですね。チャン・グンソクってそんなにいいかしら、と思ってたんだけど、じっくり見てみると、やっぱいい男ですよね。
言うまでもなく、台詞が何も分からないから、じっとチャン・グンソクの表情を見つめているしかないんですよね、少しでもストーリーを理解するためには。
で、時々帰国する時に、そのビデオを持って帰って来てくれるんですけどね。
私は自分では探した事がないのでよく判りませんが、そんなチャン・グンソクの画像は、多分エンタメ関連のブログやサイトで見付けられるのではないかと思います。
2011年03月15日 (火) | Edit |
確かに、ジャーナリストの木村太郎さんが、チャン・グンソクについて何かを語ったという話は聞いた事がありません。
ただ、若さ溢れる娘のあのパワーは、女としてはちょっぴり羨ましいですね。
テレビも各局競ってこのチャン・グンソク来日イベントを取り上げていました。
勿論、このフィーバーぶりをワイドショーが放送しない訳がありません。
果たして、この娘の今回の行動を、親としては許すべきなのか、それともきつく叱るべきなのか、なんとも難しいところです。
ならば、このチャン・グンソク来日の盛り上がりぶりは、彼の目にはどのように映ったのでしょうか。

チャン・グンソクさん自身は、ルックスも人間性もとても素晴らしい韓流スターです。
だけど、今回は普通に学校へ行くふりをして、チャン・グンソクさんを見に行った事をあえて問題視したいと考えています。
本人は、ちゃんと単位も足りてるし、ただ単に生チャン・グンソクを見たかったから行っただけ、何が悪いのっと開き直りますが・・・。
開講直後から廃港状態とまでも言われていた茨城空港ですが、この日ばかりは、まさしく女性たちのお祭会場化されましたね。
何かと厄介な年頃の娘を抱え、ただですらも頭の痛い毎日なのに、チャン・グンソクさんも、ほんと罪作りな男性ですよねぇ。
というより、それ以上に大きなハリケーンが、我が家のリビングを襲ったのです。
主人はどうか分かりませんが、私としては、自分の出来る範囲で応援していってくれればいいと考えています。
でも、やっぱどうしてもイベント会場まで足を運ぶ有機や様々な余裕はありませんね。
そんな親の気も知らないで、娘はこうやってちゃっかりチャン・グンソクさんに会いに行っているなんて、ああ、母は悲しいのであります。
2011年03月14日 (月) | Edit |
チャン・グンソクブログになってしまったのかい、いつの間にか・・・、と思う位。
確かに、名もないOLの日常生活よりも、チャン・グンソクさんの情報を知りたいと言う方の方がはるかに多い事でしょう。
彼女ももうアラサーなんだけど、親にとってはいくつになっても子供。
そういう赤の他人様のお気持ちと現状はよく分かるつもりです。

チャン・グンソクさんは、今や日本でも大人気の韓流スターです。
常に不安は絶えない訳で、ついつい私までもがチャン・グンソクさんに関する情報を、ブログやサイトからチェックするようになってしまいました。
何しろあのルックスですから、なんだかんだ言っても、私だって決して好感度は低くはありません。
当然の事ながら、娘のように、チャン・グンソクさんの話題や情報を綴ったブログは沢山あります。
私もまあ一応そんな娘のブログを毎回読んでいますから、自然とチャン・グンソク通にはなってしまいます。
さらに、チャン・グンソクさんに関する情報は、こうしたファンのブログから仕入れるに限るという人も少なくないようです。
というより、娘の個人的な事なんてどうでもいいんでしょうね、他人様にとっては・・・。
時々、勝手にチャン・グンソクさんの写真や動画を掲載しています。
そんなこんなで、チャン・グンソクさんにすっかい特化してしまった娘のブログ、益々気になる事がいっぱいです。
勿論、自分が携帯やデジカメなどで撮ったチャン・グンソクさんの写真やビデオを載せているだけみたいだけど、ちょっと心配ですね。

チャングンソク好きが高じて、ついに自分のブログをファンブログ化してしまった娘。
と言う事で、娘のチャン・グンソクファンブログ、どこかで見掛けたら、是非とも一度読んでやって下さいませ。
2011年03月13日 (日) | Edit |
だって、あちら様は、ビッグサイトを一瞬にして満杯にしちゃう時の韓流スターですよ。
チャン・グンソクのファンはみんな、彼のプロフィールが好きなんじゃなくて、彼の個性が好きなんですよ、きっと。
キャ~、チャン・グンソク君ステキ~、なんて叫ぶ大和撫子たちの姿を想像するのは容易です。
ただ、もし、本当に友達が大してチャン・グンソクと変わらないのであれば、彼だってきっと、もっと大騒ぎされている事でしょう。
はっきり言って、私の周囲にチャン・グンソクに似ている男性陣は一人もいません。
でも、彼がそこまで言うには、一応それなりの訳があるにはあるんです。
それに、彼は彼、チャン・グンソクとは全く違う人間だからいいんだとも思います。

チャン・グンソクは、1987年生まれ、現役の大学生でありながら、ドラマや映画で活躍する人気の韓流スターです。
チャン・グンソクは1987年の8月4日にこの世に生まれた獅子座のA型。
勿論、私はやった事ないし、そういう現場にも足を踏み入れた事はありませんよ。
こんな完璧までのルックスとプロフィールを持つ男がこの世にいてもいいのだろうかとさえ思ってしまいますね。
今は昔と違って、ブログやサイトでスターたちの素顔を垣間見る事が出来ますから、その事がとてもよく分かります。
そんなチャン・グンソクと自分が大して変わらないと言う友人の勇気は、ある意味すごいと言えるでしょうね。
有名人と似たようなプロフィールを持つ人は、大勢いますが、プロフィールはあくまでもプロフィール、個性とは違うんですよね。
実にバカバカしい訳だけど、彼のプロフィールと、チャン・グンソクのプロフィールは、一部分だけ同じなんですよね。
恐らく、彼を上回る異性も、今のところは存在しないと思います。
2011年03月12日 (土) | Edit |
東方神起もそうだったし、ビッグバンもそうだったから、恐らく今年はこのチャン・グンソク君とやらが、大和撫子たちのハートをガッチリゲットする事でしょう。
て、ショーケースって一体なんだべか、一般的に言えばお店などにある商品の陳列棚の事。
2011年の韓流はチャン・グンソクという話は、どうやらまんざらではなさそうです。
歌手や俳優が、新曲や新作映画などをアピールする際に開かれるイベントの事なんだそうですね。
でもって、間もなく日本での歌手デビューを予定しているチャン・グンソク君は、そのPRのために、このショーケースとやらを開催するようです。
プロフィールから経歴、作品情報、そしてイベント情報まで、彼のネタには事欠きません。
私なんかは、チャン・グンソク、うん、よく知ってるよって、思わず言いそうになってしまいます、本当は全然知らないくせにね。
何しろこの方、自慢出来る位の韓流音痴で、カラにしても東方神起にしても、何かトラブルを生じて、ニュースになって、初めて顔と名前が一致するようになった人なんです。
という事で、早速チャン・グンソクという人物について調べてみる事にしました。
今年は間違いなくチャン・グンソクの時代が来るという噂が飛び交っているのです。

チャン・グンソクって、一体全体どこの誰、何者、なんて言っている場合ではありません。
今月の終わりにお台場のビッグサイトで予定されているショーケースには、4万人もの応募があったといいますしね。
開いてみると、あるはあるはのチャン・グンソク君の関連記事。
やっぱ今をときめく韓流スターの顔と名前と簡単なプロフィール、それに有名な出演作品位は知っておかないとね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。