--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月21日 (月) | Edit |
まさしく、チャン・グンソクそのものがイケメンですねという事で、ドラマ共々大ヒットしました。
日本で言えば、月9枠に搭乗しそうなドラマだなぁって思いました。
これからは、チャン・グンソクのような若い韓流スターが、どんどん若い大和撫子たちのハートを射止めていくんでしょうね。
今をときめく若手韓流スター、チャン・グンソクが地方活性化に一役買う可能性は高いだろうし、内心、橋本徹知事としては、ちょっぴり羨ましいかもね。

チャン・グンソクファンの私としても、正直茨城県民の皆々様方が、とっても羨ましく思えます。
今や、何を隠そう、私も「イケメンですね」ですっかりチャン・グンソクにはまってしまった大和撫子の一人なのであります。
ついこの間、その一行が初めて茨城を公式訪問したという訳です。
もし、もしですよ、あのチャン・グンソクの映画のロケ地が橋本徹知事率いる大阪だったら、しょっちゅう見に行けたのになぁ。
でも、だから良かったのかも知れません、いきなり目の中に飛び込んで来たチャン・グンソクのイケメンぶりに、もう完全に一目惚れですよ。
でも、主役の「A.N.JELL」というバンド自体がイケメンバンドっていう設定でしょう。
あのドラマ「イケメンですね」だって、たまたま仕事が夏休みで、暇だったからテレビを付けたらやってたっていうだけの事。
韓流関連のエンタメブログやサイトで、チャン・グンソクの事をあれこれ調べるようにもなってしまったのであります。

チャン・グンソクは小学生の頃から、子供服のモデルをやっていたらしく、中学生位で、早々俳優デビューしているんですね。
正直、韓流マニアじゃない私は、あのドラマ「イケメンですね」を見るまで、チャン・グンソクという人自体、全く知りませんでした。
という事で、初めて京都で一人暮らしをし始めた今、一番の楽しみは、時々夜一人で「イケメンですね」のDVDを見る事位でしょうか。チャン・グンソクの人気を不動の物にしたのは、やっぱり去年の夏に放送されたドラマ「イケメンですね」でしょうね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。