--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月12日 (木) | Edit |
ある歴史書によると、毎年信念を祝う行事の一つとして、女性たちが広敷に詰める年男を胴上げする風習があった事が記されていますからね。
そこで、テレビで描かれるのは、大抵この本丸大奥なのですが、実際には、二の丸や西丸にも類似の施設が設置されていた事があるそうですよ。
当然ここは、将軍さんの住居エリアですから、江戸城のメイン舞台です。
実際、明治時代に、嘗て大奥で働いていた複数の女性たちに内部事情を尋ねたところ、個々にその回答は違っていたそうです。
江戸城は、本丸御殿と天守閣のある本丸と、二の丸、三の丸、西丸から成っていました。
そして、本丸御殿は、表向と中奥、それに大奥の3つの棟から構成されていたのであります。
大の歴史嫌いの私は、つい最近まで全く知らなくて、ほんと、ビックリです。
本丸大奥の内部は、将軍様とその側近の女性たちの寝床のある御殿と、女中たちの住居のある長局、そして広敷に三分割されていて、ここでのメイン舞台は御殿と長局です。
けれど、実は大奥は男の園だった、なんて言ったら、皆さん、驚かれますか。

大奥は決して女だらけのエリアではなく、大奥には男性たちが大勢いた。
大奥の徹底的な男子禁制&女の園という見方は、いささか異なっているのかも知れませんよ。
こうした予備知識を持って映画大奥を観ると、また違った楽しみ方が出来るかも知れませんね。
10月1日ロードショーの映画大奥、久しぶりに映画館へ脚を運ばせてくれそうですね。
皆さんはどう思っていらっしゃるか判りませんが、まさしく、映画が最大の娯楽であった時代の面白さを味わえる作品ではないだろうかと、私は密かに期待しています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。