--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月31日 (火) | Edit |
もちろん活躍が認められ、木村沙織選手は同年のワールドカップにも出場しています。
当時は、ワールドカップとオリンピックってどう違うのかと、木村沙織選手が記者団に尋ねていることがありました。
女子バレーボール界の中でも、木村沙織選手のような有名な選手はたくさんいます。
木村沙織選手の、自身初のリーグとなったVリーグでは、開幕戦レフトでスタメン出場を果たしています。
当時、木村沙織選手は、サーブ効果率リーグ九位という成績で新人賞を受賞しています。
そうした純粋な木村沙織選手の発言が、語録として残っています。
この試合での木村沙織選手のアタック決定率はチームトップでした。
木村沙織選手のように、輝かしい成績を残せば残すほど、その選手の言葉は広く扱われます。
その後も木村沙織選は、レフトセンターでスタメン出場を続けました。
2007年アジア選手権では、木村沙織選手は、ベストサーバー賞を受賞しています。
ほとんどが、メディアに露出した際のものが取り上げられています。
後に、天皇杯、皇后杯全日本バレーボール選手権大会で優勝し、木村沙織選手のいるチームは、初代チャンピオンとなりました。
他にも、 木村沙織選手の服装がシックだとインタビュアーに言われ、シックとは何か聞き返す一面もあったようです。
木村沙織選手のほかにも、こうした語録を残してる選手はたくさんいます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。