--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月15日 (火) | Edit |
確かに、ジャーナリストの木村太郎さんが、チャン・グンソクについて何かを語ったという話は聞いた事がありません。
ただ、若さ溢れる娘のあのパワーは、女としてはちょっぴり羨ましいですね。
テレビも各局競ってこのチャン・グンソク来日イベントを取り上げていました。
勿論、このフィーバーぶりをワイドショーが放送しない訳がありません。
果たして、この娘の今回の行動を、親としては許すべきなのか、それともきつく叱るべきなのか、なんとも難しいところです。
ならば、このチャン・グンソク来日の盛り上がりぶりは、彼の目にはどのように映ったのでしょうか。

チャン・グンソクさん自身は、ルックスも人間性もとても素晴らしい韓流スターです。
だけど、今回は普通に学校へ行くふりをして、チャン・グンソクさんを見に行った事をあえて問題視したいと考えています。
本人は、ちゃんと単位も足りてるし、ただ単に生チャン・グンソクを見たかったから行っただけ、何が悪いのっと開き直りますが・・・。
開講直後から廃港状態とまでも言われていた茨城空港ですが、この日ばかりは、まさしく女性たちのお祭会場化されましたね。
何かと厄介な年頃の娘を抱え、ただですらも頭の痛い毎日なのに、チャン・グンソクさんも、ほんと罪作りな男性ですよねぇ。
というより、それ以上に大きなハリケーンが、我が家のリビングを襲ったのです。
主人はどうか分かりませんが、私としては、自分の出来る範囲で応援していってくれればいいと考えています。
でも、やっぱどうしてもイベント会場まで足を運ぶ有機や様々な余裕はありませんね。
そんな親の気も知らないで、娘はこうやってちゃっかりチャン・グンソクさんに会いに行っているなんて、ああ、母は悲しいのであります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。